カヌー・スプリントの薬物混入問題に関して

f:id:u-turner:20180109234713p:plain

 

今朝のニュースがあまりに衝撃的だった。

昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入し、入れられた選手がドーピング検査で陽性となっていたことが9日、関係者の話で分かった。ともに昨夏の世界選手権代表で2020年東京五輪を目指すトップ選手で、異例の事態。
加害選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、東京五輪を目指すライバルを陥れようとしたと説明しているという。被害選手が検査で陽性反応を示した後、同連盟による調査の中で加害選手が禁止物質の混入を認めた。

www.sankei.com

 

カヌー・スプリントとは、いわゆる「激流下り」のカヌー(スラローム)とは別物で、流れのない水面(湖や池などが会場となることが多い)で如何に速くゴールするかを競うというもの。

 

 

実は私も中学生のときにカヌー・スプリントの選手(当時は「フラットウォーター・レーシング」という名前だった)で、この事件の加害選手(以下、A選手という)とは1985年生まれで同学年だった。同じ大会に出たこともあった。

 

A選手は中学生時代から同世代でも抜きんでて強い選手たった。中2で全中優勝、中3で2連覇、同世代では敵うものなし、という印象が強く残っている。こういう若くして頭角を現す選手が世界大会やオリンピックに出るんだろうなと思っていた。

続きを読む

20年ぶりに上市町の町長が変わるってよ

f:id:u-turner:20170311163223j:plain

ニーズが全くないことを承知の上で書きますけど、生まれ故郷の上市町で20年ぶりに町長が交代するらしいです。

 

5期にわたって町長を務めてきた伊東尚志氏がついに引退し、来月に行われる選挙では新人2人の一騎打ちが予定されている。

 

町長から後継指名された副町長と、「上市町民ファースト」を掲げる銀行出身の町内会長の戦いとあって、なんかもう、あまりにもアレなんですけど、せっかくのタイミングなので、私の考える上市町の課題を提示しようと思います。

 

ちなみに私は現在富山市民なので上市町の選挙権はありませんし、特定候補の応援もしておりません。

 

続きを読む

今更ながら、あえて不二越を擁護するけど

f:id:u-turner:20170823155041j:plain

 

去る2017年8月20日に(株)不二越が本社を富山から東京に移転した。

 

これに関しては、不二越の会長が記者会見で

・富山で生まれ育った人は極力採らない

・富山で生まれて地方の大学に行った人でも極力採らない

・(富山県民は)閉鎖された考え方が非常に強い

と、上場企業の会長としてあまりにもアレな発言をして違う方面で話題になっていました。

 

燃え盛って一週間ほどしてから「分け隔てなく、人物本位で採用しております」と言い訳をしてみたり、20日も経ってから「不適切で不用意な発言があり(中略)深くおわび申し上げます」と謝罪してみたりと、対応に「チッうっせーよ!反省してま~す」感が滲みでている印象。

 

まあでも気持ちはわかりますけどね。

 

富山県民が閉鎖的かどうかはいったん置いておいても、全国展開や世界展開しようとすると、従業員の地縁関係が組織管理上の課題となることは地方では避けられないと思います。

続きを読む

あなたのそばにも限界集落

f:id:u-turner:20170620175622p:plain

 

先日、夕張市の高齢化率が50%を越えたというニュースがあった。

www.sankei.com

 

国勢調査によると高齢化率が50%を越えている自治体は2015年10月時点で全国に20あるとのこと。日本全体の高齢化率が26.7%なので、これらの自治体はおおよそ2倍ぐらい高齢化が進んでいるということになる。


このような事例のとおり、高齢化は決して均質にはやってこない。肌感覚としても、高齢化が進んでいるところと、若者が集まってきているところが同じ自治体の中でも顕著にわかれてきているように感じられる。

 

高齢化の"地域差"

先日発表された2015年国勢調査の小地域集計を用いて、字・丁目単位の富山県の高齢化率を分析してみたのが以下のグラフ。

f:id:u-turner:20170620172127p:plain

×が平均値、-が中央値、箱が25%tile~75%tileになる。

 

県内のどの市町村も平均値は概ね30%前後でそう違いはない。ただ、自治体ごとに中央値の位置にズレがあるし、ハコの位置、ヒゲの長さにも差がある。

 

富山市にマトを絞ってさらに深堀し、地区単位で再集計したのが以下のグラフ。

f:id:u-turner:20170620175434p:plain

地区単位≒小学校区単位でみてみると、バラツキがより顕著に出てくる。高齢化率50%超は「限界集落」と定義されているが、限界集落ラインに突き刺さっている地区もある。

続きを読む

超高齢社会、交通弱者、企業活動と福祉など

f:id:u-turner:20170517173047p:plain

去る2017年3月12日、改正道路交通法が施行された。

 

今回の改正のポイントは、認知機能が低下した75歳以上の後期高齢者に対して、免許更新時に悉皆的に医師の診断書の提出が義務付けられる、というもの。

 

改正前ルールでも後期高齢者は免許更新時に認知機能検査が義務付けられていたが、この検査で認知機能の低下が認められた場合であっても、免許更新の前後に信号無視や一時不停止などの特定の交通違反がなければ、それ以上の行政処分はできなないことになっていた。

 

今回の改正では、交通違反の実績がなくても診断書の提出を求めることができるようになるため、認知症との診断があれば事故を起こす前に免許の取消等の不利益処分ができるようになる。昨今、高齢者の運転ミスによる事故が世間を騒がせている中、認知機能の低下した高齢者からは運転免許を取り上げましょう、という動きがより具体化してきた形だ。

続きを読む

2017年4月富山市議会選挙を振り返る

政務活動費の不正を端緒に突如行われた補欠選挙から半年がたち、一昨日は定例の富山市議会議員の改選の選挙が行われた。

2017年4月改選を振り返る

棄権者数の推移を見ると、今回は有権者約34万人のうち約18万人が選挙権を行使しない選択をしている。昨年11月の補欠選挙の25万人と比べると少なくはなったものの、前回改選時の約16万人からさらに2万人が上積みされている。この間には選挙権を有する年齢が18歳に引き下げる法改正などもあり、有権者数自体は1万人増えているので、比率でみるとこれまで以上に投票率が下がっているという状況になっている。

f:id:u-turner:20170418230923p:plain

 

次に政党別得票数は以下の通り。

f:id:u-turner:20170418231544p:plain

続きを読む