読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

U-Turner's Journal @Toyama

富山にUターンしてきました。

6月・第3日曜日

そういえば、今月末で国交省を退職して3年が経つ。 Twitterやfacebookのログなどを読み返すと、1日十数時間は余裕で働く過去のモーレツな仕事ぶりが浮かんでくる。それに引ひきかえ、この3年ほどのゆるゆるとした仕事ぶりは、我ながら「こんなんでいいのか?…

置かれた場所で咲きなさい

4月といえば出会いと別れの季節。4月1日付けで人事異動、という方も多いのではないかと思います。 いまや全くの他人事となった前職の4月人事異動。インターネットで異動情報がわかるので、同期や元上司、元部下はどこにいくのかなとふと気になってチェックし…

「お前は偉人じゃないだろ」というナイフを喉元に突き付けろ

学生の時、明治の近代化黎明期のころの土木技術者についての授業があった。 大学卒業後、パナマ運河開削に技術者として携わった青山士。 卒論で計画した琵琶湖疎水の工事に実際に従事した田辺朔朗。 関東大震災の復興のシンボルとなった永代橋・清洲橋を設計…

エキセントリックなことをいう元霞ヶ関の住民たち

先日から書いている「『なんて官僚辞めちゃったんですか?』の理由」ですが、お陰様で結構たくさんの方に見ていただきまして、ぶっちゃけるとこの1週間ぐらいで昨年1年間の半分ぐらいのアクセスがありました。 さらにぶっちゃけますと、このブログはGoogle A…

『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由(②インフラは”つくる”だけでは勿体ないと思った)

国交省退職1周年記念ということで、最近聞かれることが多くなってきた『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由を備忘録的に書いています。 『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由 理由その0:理由の前に、自分の職務経歴 理由その1:肩書に左右…

『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由(①肩書に左右されない”個人”として生きたかった)

国交省退職1周年記念ということで、最近聞かれることが多くなってきた『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由を備忘録的に書くことにしました。 長文になったので分割しております。前の記事はコチラ。 『なんで官僚辞めちゃったんですか?』に対する答…

『なんで官僚辞めちゃったんですか?』の理由(理由の前に、自分の職務経歴)

6月も晦日。2014年も折り返しです。 僕は去年の6月末で国土交通省を退職したので、”下野”してこれでちょうど1年経ちました。 ありがたいことに、ようやく富山でも知り合いが増えてきました。 新しく知りあった人に自分の略歴の話をすると「なんで官僚やめち…

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら

2011年3月11日、僕は霞が関にいた。 ねじれ国会で公債特例法が年度内に成立しない可能性が高く、4月以降の予算執行をどうするかあーだこうだと考えていた記憶がある。そして翌日が九州新幹線の開業日だったので、式典準備で前日入りするために上司が皆午後か…

その仕事の延長線上にいったいどういう将来があるのか

小泉元総理が即原発ゼロを主張し、記者会見まで開いて暴れてますが、この会見でちょっと気になったのが、次の言葉。*1 政治が一番大事なのは、方針を示すことだ。「原発ゼロ」という方針を政治が出せば、必ず知恵のある人がいい案を出してくれる、というのが…