政治・行政

朝日批判は「言論統制」「軍靴の足音」なのか

最近少し下火になってきたが、朝日新聞が大炎上している。 これをチャンスとばかりに、他紙が朝日新聞購読者層に対して朝日批判広告を配ったりして切り崩しを図ったりと、カオスな状況になっている。SNSやブログでも朝日新聞批判がたびたび流れてくる。 写真…

高齢サラリーマンはどう生きるか

先日、富山なら誰でも知ってる地元の超優良企業のOBと知り合いになる機会があった。 その方、長く勤められた会社を退職され、今は取引先の会社に再就職して第二のサラリーマン人生を送っておられるそうだ。 たまたま別の機会に、その再就職先での仕事ぶりを…

「雇用のミスマッチ」なんて存在しない

介護と建設分野で人材不足が深刻な問題になってきている。 介護系サービスでは、いままでと同じ条件だと職員が確保できなくなってきているとも聞いたりする。 「じゃあ人材確保のために賃上げしましょう」となるかというとなかなかそういう風にもならないの…

認知症の親を誰が『監督』するのか

名古屋高裁で、電車にはねられ死亡した認知症の91歳男性の遺族に、振り替え輸送代など損害賠償359万円の支払いを命ずる判決が下された。 事故は2007年、愛知県大府市で発生した。当時、認知症が進んだ男性は要介護4で、要介護1の妻(91)と2人…

「石炭はあなたの燃料じゃない」という時代がくるかも。

ソフトバンクが電力小売りに参入 太陽光発電事業のグループ会社で ソフトバンクグループが今春にも企業向けの電力小売り事業に参入することが31日、分かった。再生可能エネルギー子会社「SBエナジー」が発電した電力 を、その子会社を通じて販売する。電…

2014年政府予算案から見る日本の将来

(出典)平成26年度予算政府案 : 財務省 12/24、クリスマスイブに平成26年度(2014年度)予算の政府原案が閣議決定されましたね。毎年、クリスマス前後に決まる政府原案。関わったみなさんお疲れ様です。 さて、2014年度予算の公債依存度は43%、国債残高は78…

生産者の都合を消費者に押し付けてはいけない

ひろゆき氏が日本ユニセフ協会に対して募金を呼び掛けているアグネス・チャンさんに対して公開質問状を出したのが話題になってます。 論点はいくつかあるようですが、一番注目を集めているのが、次のところ。 アグネスさんが募金先にあげている日本ユニセフ…

その仕事の延長線上にいったいどういう将来があるのか

小泉元総理が即原発ゼロを主張し、記者会見まで開いて暴れてますが、この会見でちょっと気になったのが、次の言葉。*1 政治が一番大事なのは、方針を示すことだ。「原発ゼロ」という方針を政治が出せば、必ず知恵のある人がいい案を出してくれる、というのが…

世代間格差を嘆いてもしょうがない

ここ1,2年ほど「世代間格差」という言葉が話題になっています。その主張の大きなものは医療・福祉(年金も含む)の問題です。日本は賦課方式(その時点にお金を稼ぐ力がある人がその時点の給付の費用を負担する方式)をとっているため、世代によって負担…

官僚の”でっかい仕事”と”ちっこい仕事”

「官僚たちの夏」読んででっかい仕事したくて官僚になったのに「賃上げお願い行脚」というちっこい仕事やらされる人がいたら可哀想だ。— jo shigeyuki (@joshigeyuki) 2013, 10月 5 という城繁幸(@joshigeyuki)さんのコメントを見て少し考えることがあった…

東電vs新潟県知事「お金と安全どちらが大切か」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130705-00000031-jnn-bus_all 経営の起死回生のために、一刻も早く新潟県の柏崎刈羽原発を再稼働させたい東京電力は2日、安全性の審査を申請すると発表。かたや地元・新潟県知事は、その意思を頭越しに表明…