認知症の親を誰が『監督』するのか

名古屋高裁で、電車にはねられ死亡した認知症の91歳男性の遺族に、振り替え輸送代など損害賠償359万円の支払いを命ずる判決が下された。 事故は2007年、愛知県大府市で発生した。当時、認知症が進んだ男性は要介護4で、要介護1の妻(91)と2人暮らし。横浜市に住む長男の妻が男性の自宅近くに移り住み、手分…