木下斉講演会を聞きに行った件

南砺市の開催する「まち・ひと・しごと創生講演会」の第2弾で、"地方創生の狂犬"ことAIAの木下斉さんの講演会があったので、聞きに行ってきた。

 

聞いてて印象に残った発言を備忘録的に。話聞きながらツイッターに書いたやつなので、違ってたらすいません。

 

縮小社会の答えは現場にしかない

・縮小していく社会をどうしたらいいか。わかっている大学の先生なんていない。

・誰かが教えてくれるものではない。地方の現場で働いている人が考えないといけない。 

 

堕落した考え方をやめる

・借金をして地域がよくなるわけがない。今した借金は子や孫が返さないといけない。

・税金とは、ほかの産業の儲け。それを使って赤字のもとをつくってさらに赤字に税金を投入する。何のためにやっているのかわからない。

・社会投資とは、誰かの財布から金を持ってくるということ。

・行政からカネをもらってやる、という堕落した考え方をやめる。

 

民間も公共性を担う時代

・アベノミクスは地方に届かないけど、リーマンショックの影響はなぜか地方まで届く。そんな都合のいい話をしていてはダメだ。

・あれが欲しい、これが欲しい、ではなく、大人が自分でカネを稼ぐ。

・行政と民間は一蓮托生。行政が破綻したら生活はしんどいですよ。自治体が破綻しても地域は残る。行政サービスがストップしても借金は返さないといけない。

・ここまでは民間、ここからは行政、という時代ではない。

・これからは公共施設を再編する中で、民間も入れていく、という風に切り替えていかないといけない。施設を小さくしようとすればするほど縮小均衡に陥る。

・できるだけ行政財源を使わず、民間も入れていく。

・民間も公共性を担いながら、収益性も考え、後世にも責任を負う。

 

縮小社会のビジネス

・人口問題は社会問題ではない。伸びる時代は人口爆発問題があった。「1億人を超えたら日本が崩壊する」とも言われたが今は「1億人切ったら日本が崩壊する」と言っている。

・スケールアップではなくスケールアウト。低売上・高利益の収益力。

・若い人たちが「劇的に儲かる」ことが必要。「ちょっと儲かる」じゃ誰もやらない。

 

 

あと、個人的にすごく響いたのが、建設業とまちの関係のくだり。

・まちが豊かになって、最後に儲かるのが建設業。

・豊かになるから「こんなものが必要」となって建設業に波及する。

 

これは医療・介護業界もそうだなーと思う。まちがあって、地域で生きる人がいるから医療や介護が必要になる。これからの病院経営は、本業の医療をしっかりするだけではだめで、どうやって地域をよくしていくか、そこに向き合わないといけない時代になってくると思う。

「病院に来た人を治療する」という応需商売から、「地域に求められるものを考えて、提供する」というマーケットインに発想を転換しないといけないのではないか。