完全自動車時代における中心市街地の業態転換について

f:id:u-turner:20180604182051p:plain

ブライダルリングのTAKEUCHIと高級時計店のWINGが相次いで富山市の郊外店舗を出店した。こういう買回品の中の超買回品ですらロードサイドに出てくるとなると、もはや西町(富山市の中心市街地)が往年の「小売業の中心地」に戻ることはないんだろうな、と感じた。


例えが適切かはわからないが、イメージ的には超高級ファッションブランドの旗艦店が銀座や表参道じゃなくて町田に出店するようなもの

 

現代の都市問題はモータリゼーションの問題

「移動手段が不便でも近い方がいい」か、「遠くても移動手段が便利な方がいい」か。現代の主要な都市問題である中心市街地活性化やコンパクトシティ政策は結局のところ、自動車の所有率が上がり、移動の制約が変化したことにどう対応するかということ。

 

前自動車時代は交通手段が鉄軌道とバスと徒歩しかなかった。だから交通網が結節している駅前やいわゆる中心市街地が経済活動の中心だった。今や一人一台の完全自動車時代で、もはや交通手段は目的地を制約しなくなった。むしろ、これまで忌避されていた郊外の幹線道路沿線の方が交通の便がよくなる逆転現象が起きている。

 

しかも、同じタイミングでインターネットでなんでも買える時代になり、消費者はショールームを求めている。ショールームは大きくて品揃えがいい方がありがたいから、郊外に大規模な店舗を構える。

 

それでも一昔前までは中心部の方が人口が多く、商業も集積のスケートメリットがあり、郊外からも人を呼んでこれたが、もはや中心市街地は高齢者ばっかりで若者は郊外の分譲地に移り住んでいる。完全自動車時代の到来により、郊外ロードサイドの存在感が相対的に高まり、ついに競争力が逆転してしまった。

 

往年の西町はもう死んでいる

中心市街地活性化政策やコンパクトシティ政策には、「中心市街地の『魅力』を高めれば郊外から人が戻ってくる」という前提があると思うが、少なくとも小売業がかつてのように「買回品のショールーム」として競争力を高めるには、地価を下げて大規模化するか、超巨大な駐車場を整備するかしかない。まあそのうちVRが一般化して郊外のショールームも無くなるだろうけど。

 

地価公示によれば、

富山市総曲輪(富山市の中心市街地の中心)は坪132万円

富山市掛尾町(富山市郊外の幹線道路沿線の商業地)は坪28万円

5倍以上の差がある。この差を乗り越えるのは難しいだろう。

 

そういう視点で改めて最近の富山市を見ると、ユウタウンしかり、商業床は既にダブついている印象が強い。ここ10年程ずっと再開発事業に補助金突っ込んでいるが、箱をキレイにしたところで立地に競争力がないからテナントが入らない。もはや小売業で中心市街地に人は集まらない。中途半端なショールームでは勝てない。小売業の中心地としての往年の西町はもう死んでいる。

 

次の問題は、「駅前・中心市街地はもう小売業の中心にはなりえない」ということを前提にした時、中心市街地の魅力を何に求めるか。もう小売業は諦めて、業務系と居住系に振り切った「業態転換」をしてしまった方がいいと思う。県内企業の本店機能とその従業員向けの高層マンション。それに付随した飲食とサービス業。モノではなくアメニティを売る

 

富山経済同友会が「富山城跡をぶっ潰してサッカースタジアムをつくろう!」という提言を以前にしていて、当時は頭おかしいとしか思えなかったけど、中心市街地のサービス業転換という意味ではインパクトある選択肢だと思う。

 

少なくとも、勝てもしない小売業で生き残りを目指すんじゃなくて、とっとと方針転換して次の存在意義を見出さないと、いつまでも負け試合を繰り返すことになる。

 

というわけで、当サイトは富山経済同友会の「まちなかスタジアム構想」を応援しております。