ハイスペックだけど「本当にやりたいこと」がない人について

これら、なかなか身につまされる話。やりたいことは特にないけど、やりたくないことが多くていつも「本当にやりたいこと」を探している高学歴ホワイトワーカー、自分もそうだったし、周りを見てもたくさんいた気がする。人事担当者になり、中途採用をしていると、やはりそういう方と出会う機会も多い。

こういった方は、基本スペックは高いので何でもそつなくこなせるんだけど、「やりたいこと」や「できること」が薄い場合が多く、コモディティ的人材になりがちだ。

この”ハイスペ・コモディティ”は何をやらせてもそこそこ上手くできるけど、「本当に自分がやりたいこと」がない。だからいつまでたっても自分探しで難関資格を集めたり聞こえがいい転職を繰り返したりする。

でも「本当に自分がやりたいこと」は、悲しいかな、難関資格を取ったりや就職偏差値が高い会社に転職したりした先にはない。”マッチョ”なキャリアを重ねたところでハイスペ・コモディティが本当に欲しかったものは手に入らない。マッチョキャリアの輪廻に取り込まれてしまうだけ。

ハイスペ・コモディティがマッチョキャリアの輪廻から脱するには、自分自身にしっかり向き合うしかない。自分で「何をするか」を決めるしかない。外に答えはない。