高岡市からオタヤ開発への金の流れについて

高岡市の第3セクターのオタヤ開発が債務超過になり、過去のオーバーナイトや金の流れのことも含めにわかに話題になっている。

 

本件、分解すると高岡市とオタヤ開発(以下、「オ社」という。)の間での金のやり取りに関する3つの出来事がある。

①高岡市からオ社に長年の間、オーバーナイトが行われていた(~19年度)
②オ社が高岡市に売却した商業床の譲渡金(約10億円)を原資に金融機関からの借入金の償還が行われたのではないか(19年度)
③2020年度にオーバーナイトから長期貸し付けに切り替えた(約5億円)が、高岡市からの長期貸付金が短期借入金の償還に使われたのではないか(20年度)

富山・高岡市が会計操作 三セクへ「一夜貸し」繰り返す:朝日新聞デジタル

三セク借金減 市資金で返済か 富山・高岡のオタヤ開発:朝日新聞デジタル

オタヤ開発 債務超過 百貨店撤退後に特別損失 富山:朝日新聞デジタル

 

①については、オーバーナイト貸付は自治体の健全化判断比率に捕捉されないため、反復・継続的なオーバーナイトが横行すると健全化判断比率が適正に機能しなくなることから、総務省は実態に則した財政運営が行われるよう、長期貸付等への手法の切り替えを促してきた経緯がある。

オーバーナイト自体は違法な手続きではないものの、自治体が貸し倒れリスクを負っているのを見えなくしているわけで、近年の高岡市の置かれた財政状況を鑑みれば、あまり褒められた手法ではないと思う。

 

②については、高岡大和撤退後、高岡市が御旅屋セリオに公共施設を移転させるのに、賃料を払ってテナントとして入るのではなく床の買取という方法を取った。このスキームは当時も違和感があったが、債権者との関係で債務の整理をするのにまとまった資金が必要だったのかもしれない。高岡大和閉店でキーテナントを失ったオ社は、事実上事業継続に疑義が出てきたわけで、金融機関が貸付の返済を求めてきたとしても無理からぬことだろう。

③については、②と同様、おそらく市中金融機関はオ社にこれ以上の貸付をしてくれないだろうから、借り換えでキャッシュを確保するのは難しかったのだろうと思う。また、債務超過に関して「債務不履行にはなってない」と強弁しているが、高岡市の長期貸付がなかったら債務不履行になっていたのではないか。

ただ、②も③も見方によっては金融機関の救済という面で巨額のキャッシュが高岡市から投下されているように見えるので、事業者の経営責任や金融機関の貸し手責任の議論がないのも多少の違和感がある。

 

いずれについても、既に市議会で予算が議決された上で民主的統制のもとで行われているものなので是非は言うに及ばないが、来月の高岡市長選・高岡市議会選への影響は気になるところ。