あなたのそばにも限界集落

先日、夕張市の高齢化率が50%を越えたというニュースがあった。

www.sankei.com

 

国勢調査によると高齢化率が50%を越えている自治体は2015年10月時点で全国に20あるとのこと。日本全体の高齢化率が26.7%なので、これらの自治体はおおよそ2倍ぐらい高齢化が進んでいるということになる。


このような事例のとおり、高齢化は決して均質にはやってこない。肌感覚としても、高齢化が進んでいるところと、若者が集まってきているところが同じ自治体の中でも顕著にわかれてきているように感じられる。

 

高齢化の"地域差"

先日発表された2015年国勢調査の小地域集計を用いて、字・丁目単位の富山県の高齢化率を分析してみたのが以下のグラフ。

f:id:u-turner:20170620172127p:plain

×が平均値、-が中央値、箱が25%tile~75%tileになる。

 

県内のどの市町村も平均値は概ね30%前後でそう違いはない。ただ、自治体ごとに中央値の位置にズレがあるし、ハコの位置、ヒゲの長さにも差がある。

 

富山市にマトを絞ってさらに深堀し、地区単位で再集計したのが以下のグラフ。

f:id:u-turner:20170620175434p:plain

地区単位≒小学校区単位でみてみると、バラツキがより顕著に出てくる。高齢化率50%超は「限界集落」と定義されているが、限界集落ラインに突き刺さっている地区もある。

続きを読む