地域活性化の「好事例」のその後

f:id:u-turner:20130524134418j:plain

 

A地区は過疎率が高く、B地区ははその傾向が緩慢である。

A地区は現在なお人口の流出が止まらないがB地区は近年若者のUターンもあるという。

B地区においては、戦後直ちに集落を守るために壮年会が組織され、婦人会活動や青年団、公民館活動等が活発に行われ、今日もなお連綿として持続され、村を守る住民意識に支えられている事は注目に値するものと思われる。この事は所得の上昇を生み、協力と連帯の地域性が保持され、古里意識の向上となり、若者の、Uターンに希望を持つことを可能にしたものと思われる。

(B地区の)住民の集落を守る共通の意識はA地区よりはるかに高い

(B地区は)早くから住民の村を守る意識が強く住民の組織活動により、協力や連帯が維持され過疎化を防止し、村の再生に希望を託している

以上は、ある地域の2つの地区の過疎化について論じたレポートを抜粋したものです。どういう印象を持たれたでしょうか。(なお、A地区・B地区の表記は筆者によるもの)

 

実はこれ、富山県農村医学研究会が1981年に発効した論文集の中の一編で、上市厚生病院(現・かみいち総合病院)の当時の院長だった越山健二氏が、富山県上市町の山間部の白萩東部地区と白萩南部地区についてリサーチしたものです。

続きを読む

薬局の競争力は「懇切丁寧な指導」だけなのか

f:id:u-turner:20130525151100j:plain

先日、厚生労働省から、薬局でのポイント付与について以下のような通知が発出されていました。

保険調剤等に係る一部負担金の支払いにおけるポイント付与を原則禁止している趣旨は、以下の考え方によるものであることから、保険調剤等に係る一部負担金の支払いにおけるポイント付与を行っている保険薬局には、この考え方を伝え、制度に対する理解が深まるよう努めてください。

・ 保険調剤等においては、調剤料や薬価が中央社会保険医療協議会における議論を経て公定されており、これについて、ポイントのような付加価値を付与することは、医療保険制度上、ふさわしくないこと

患者が保険薬局等を選択するに当たっては、保険薬局が懇切丁寧に保険調剤等を担当し、保険薬剤師が調剤、薬学的管理及び服薬指導の質を高めることが本旨であり、適切な健康保険事業の運営の観点から、ポイントの提供等によるべきではないこと

 

その上で、当面は、以下の①から③までのいずれかに該当する保険薬局に対し、口頭により指導を行い、その上で改善が認められない事例については、必要に応じ個別指導を行っていただくようお願いいたします。

① ポイントを用いて調剤一部負担金を減額することを可能としているもの
② 調剤一部負担金の1%を超えてポイントを付与しているもの
③ 調剤一部負担金に対するポイントの付与について大々的に宣伝、広告を行っているもの(具体的には、当該保険薬局の建物外に設置した看板、テレビコマーシャル等)

保険調剤等に係る一部負担金の支払いにおけるポイント付与に係る指導について(平成29年1月25日厚生労働省保険局医療課事務連絡) 

続きを読む

上野センセーの「平等に貧しくなろう」にも一理ぐらいはある、かも

ちょっと乗り遅れた感ありますが、上野千鶴子センセーの中日新聞の寄稿がプチ炎上していたので感想を。

この手の「脱成長」的な話がナンセンスなのは、いろんな方がもう議論しつくしてると思います。

togetter.com

ただ、(ナンセンスであることを前提に置きつつも、)

日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。一億人維持とか、国内総生産(GDP)600兆円とかの妄想は捨てて、現実に向き合う。

という指摘は、一定程度は意味があるのではないかと思います。

続きを読む

一億総活躍社会に向けて社会保障のバージョンアップを

みなさま本年もよろしくお願いします。

今年はブログの更新頻度向上、月2件、年24回書くのが目標です。忘れないようにカウントダウンしようと思います。

 

さて、Yahooニュースにフローレンスの駒崎さんが「2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5つの仕組みとは」というタイトルで問題提起しており、中でも5番目に出てきた「医療的ケア児は普通に学校にいけない」のくだり、新年早々興味深く拝読しておりました。

 

医療的ケアを必要とする子供は増加傾向

NICU(新生児集中治療室)・PICU(小児集中治療室)の充実などの医療体制の整備に伴い、これまでなら生存できなかった子供の命が助かるようになってきているそうです。その一方で、経管栄養や喀痰吸引(たんの吸引)などの医療的ケアを必要とする子供は着実に増えている。

f:id:u-turner:20170106223720p:plain

f:id:u-turner:20170106224030p:plain

さて、経管栄養や喀痰吸引などを”医療的”ケアと呼ぶのはなぜでしょうか?これらは「医療行為」とされ、基本的な看護職員のみができる行為とされているからです。

続きを読む

WELQは対岸の火事ではない

f:id:u-turner:20161203163338p:plain

最近話題のWELQの件、

①リライトという名の著作権侵害(法律上の問題)

②薬事法違反の根拠のないいい加減な記事を掲載(法律上の問題)

③アクセスを稼ぐことにしか興味がなく、医療というセンシティブな話題を扱っているのに、必要な正確性や客観性を担保する努力がない(倫理上の問題)

 という3つのポイントがあるものと認識している。

 

WELQ、というかDeNAのやったことについては、BuzzFeed Japanやまもといちろう氏の記事が非常に詳しいので、そちらを読んでいただければと思います。

続きを読む

地方議会に優秀な人材を呼び込むには

f:id:u-turner:20160920002819j:plain

ちょっと話題に乗り遅れた感ありますが、春から少しずつ火の手が上がり始めていた富山市議会が9月に入って大炎上しています。

 

デイリーニュースオンラインのコラムが事の経緯を非常に簡潔にまとめていたので、引用します。

 富山市議会がたいへんなことになっている。政務活動費の不正が発覚し、辞職者が相次いでいる。定数40人のうち8人が辞職することになる(17日現在)。なんでこんなことが「バレた」のか。

 

 事の発端は、6月に富山市議会が月額報酬の10万円増を決めたことから。つまり、議員の給料を月60万から70万にアップすることを決めたのだ。これを知った市民からはブーイング。

 

 そして事件が起きた。この件を取材した北日本新聞社の女性記者が、「富山市議会のドン」と呼ばれた中川勇氏に押し倒されて取材メモを奪い取られる事件が発生したのだ。北日本新聞社は情報公開請求をし、お金の流れを丹年に調べたら次々と不正が発覚した。

あの号泣議員が貢献?政務活動費の不正で富山市議会が大混乱 - デイリーニュースオンライン

 

議員報酬引き上げで北日本新聞と中川元市議がトラブって、根掘り葉掘りされたところ、パンドラの箱()が開いてしまった・・・ということのようです。

 

続きを読む

富山の土地開発の変遷と今後のあり方について

国交省が昔からコツコツデータをつくって公表してきた「国土数値情報」というものがある。標高や河川、海岸線などの地形情報の他、道路、鉄道などの交通網、全国の学校やニュータウンの位置など、だれが使うともわからないようなマニアックなデータが様々に取り揃えられている。

 

7月くらいから富山の都市構造について、主に人口構成や属性に注目していろいろ調べてきたが、今回は視点を変え、国土数値情報の土地利用状況データに着目し、経年変化を追ってみた。*1

 

元となった「土地利用細分メッシュデータ」は、地図を100メッシュの区画に切り、その土地利用状況を田、森林、建物用地、河川、湖沼・・・などの用途にそれぞれ分類したもので、土地の開発状況の展開が記号でわかるスグレモノだ。

 

*1:ちなみに、このデータ自体は以前から公表している人口のメッシュ図作成時にもデータを変形させるための係数として使用している。

続きを読む